地域別運転代行検索

春日井市

株式会社末広代行受付 春日井市割塚町123 0120-968-919
有限会社イエローキャブ代行運転 春日井市東野町5丁目12-12 0120-920-939
松三代行サービス 春日井市前並町字前並22-1 0568-31-6010

検索トップへ戻る



春日井市の運転代行利用ポイント
※春日井での運転代行の利用ポイントをご紹介します。是非参考にしてください。

春日井市は,名古屋市北部と隣接していて,JR中央線,国道19号線が横断し,南部には庄内川(岐阜県では土岐川)が流れています。
平安時代の書道家小野道風生誕の地とされ,全国シェア8割のサボテンが特産物です。
春日井市には一見地味ですが,訪れる価値のある国指定重要文化財や県指定文化財が幾つか存在しています。
1.内々神社(うつつじんじゃ)社殿と庭園(愛知県指定文化財)
国道19号線を東に向かいますと,内津峠の手前の北山トンネルの入り口近くを左折し国道をくぐるように南に向かうとすぐ内々神社が見えてきます。平安時代にまとめられた,当時の「官社」に指定されていた,全国の神社一覧である『延喜式神明帳』にも記載されている由緒ある神社です。主祭神は建稲種命(たけいなだねのみこと)であり,これに日本武尊と宮簀姫命(みやずひめのみこと)が合祀されています。拝殿,本殿には,装飾豊かで立体的な,丸彫りや浮き彫りの彫刻が多く用いられており,県指定の文化財となっています。 
社殿の背後にある廻遊式林泉型の庭園は南北朝時代の名僧夢窓国師の作と言われ,池,築山,曲水,樹林など移り変わる景色を眺めながら一回りすると一巻の絵巻物を見終わるという趣向で造られているそうで,これも名勝として県指定の文化財に登録されています。
2.密蔵院多宝塔(国指定重要文化財)
中央道春日井ICを降り,名古屋方面に向かい最初の「春日井インター西」交差点を左折してしばらく直進すると左手に密蔵院が見えてきます。
密蔵院は,比叡山を本山とする天台宗寺院で,鎌倉時代の1328年に創建されました。
多宝塔は室町時代の初めに建てられたもので,屋根はこけら葺,禅宗様式(唐様)を多く取り入れた大変珍しいもので,夕方からはライトアップされ,その優美な姿を見せています。
3.秋葉山林昌院絹本著色聖宝像(けんぽんちゃくしょくしょうぼうぞう)(国指定重要文化財)
中央道春日井ICを降りて名古屋方面に向かい,「瑞穂通5」交差点を右折してそのまま北進し,「田楽町」交差点を右折すると秋葉山林昌院が見えてきます。高野山の常喜院に属し阿遮羅山大定寺と号します。
ここの重要文化財は一幅の肖像画です。縦124.5 cm,横111.5 cmの大きさで,平安前期に京都醍醐寺を開いた名僧聖宝(理源大師)を正面から描いたものです。現存する最も古い聖宝の肖像画ですが,描線や彩色に優れています。
これらの文化財を見たあと、食事の際にお酒を飲んだら、帰りは運転代行を利用するのがいいですね。