地域別運転代行検索

東京都台東区

東京名水代行台東コールセンター 台東区柳橋2丁目16-20 0120-428-015
ISC運転代行 台東区浅草6丁目12-3-601 03-3876-4891
隣接する千代田区中央区文京区墨田区荒川区の運転代行業者一覧ページも参照してみてください。

検索トップへ戻る



東京都台東区の運転代行利用ポイント
※台東区での運転代行の利用ポイントをご紹介します。是非参考にしてください。

台東区は東京23区内で面積が最も狭い10.11km²しかありません。しかし、このわずかな面積の中に、東京下町の別名称とさえ言える浅草があり、東北の玄関口とも呼ばれ上京する人に親しまれて来た上野があります。
東京下町を代表する二つの町が、面積希少な同区の中に並存しているのです。それでは台東区をイメージする際、東京下町という一言でくくり切れるのかといいますと、これが決してそうではなく、ややもすれば山の手的な風情を感じさせる街並みが混ざり込んでいて、訪れる人を魅了し続けています。
また、下町というと低地のイメージをもたれるかもしれませんが、上野公園のある辺りの上野は、上野山といわれることもあるように、台地になっていて、かつて東京タワーの建造場所候補に挙がったこともありました。
このように、狭い面積の中、低地と台地が複雑に入り組んでいることから、上野公園から谷中界隈などにかけては坂道、石段などが多く、町に独自の風情を漂わせています。
地元に日本を代表する芸術系の学校である、東京藝術大学があり、以前から区と提携をしていることも、台東区の特徴のひとつです。たとえば、隅田川に架かる桜橋は芸大の先生がデザイン監修をしたものですし、橋の上には学長もされた平山郁夫先生作のオブジェが置かれていて、日常から芸術と触れる機会が豊富です。
池之端には日本画家の横山大観が住んでいました。旧宅が現在記念館になっていますが、大観はご飯の代わりに日本酒を飲んでいたことでも有名です。
上野観光をして大観記念館を訪ね、大観に習って食事代わりにお酒を飲むのも自由です。しかし、飲んだら車の運転だけはしてはいけません。運転代行にお願いしましょう。